トップ > モータースポーツ > 日本の名レース100選 > Vol.22 '71 鈴鹿グレート20

日本の名レース100選
Vol.22 '71 鈴鹿グレート20

2007.02.10
不定期刊
定価1026円 (本体価格933円)
ISBN:9784779601866

SOLD OUT

電子書籍を買う

セブンネットで買う

Vol.22 '71 鈴鹿グレート20
1971.8.2271 鈴鹿グレート20鈴鹿サーキット

 一瞬のフォト・アルバム 駿馬、駆け抜ける

close up 今だから語ろう 36年目の真実/高原敬武

line up 戦士、列を成す 出走全車総覧

build up サーキットは生きている 鈴鹿コース図

write up 文字が歴史を語り継ぐ レースレポート

run up 旧体制に背を向けて 新世代旗手

blow up 不満の声は鎮火し難く 番外記/グレート20が描いた波紋

sum up 真実はデータに詰まって リザルト&詳細データ

follow up 脇役あっての主役なり  サポートイベント FJ

touch up 過去は現在を経て未来へと続く  この一戦を読み解くキーポイント

back up 時代はこうだった 世相1971年

speak up 来た・見た・感じた リレー・コラム

buy up もっと知りたい感じたい 関連グッズ紹介

make up その日、興奮をめくった

「1971年鈴鹿グレート20」

若獅子2頭、ワークスを撃破 ―2リッター・レーシングスポーツ時代の到来

 鈴鹿を2分20秒台で走れるマシンを持つ国内有名ドライバー20名を、スターティング・マネーを払って招待するという画期的な新方式で運営されたレース。「日本のレース史上に新しい1ページを加える」と関係者の注目を集めた〈鈴鹿グレート20ドライバーズ・レース〉であったが、メインレースの勝者に与えられるゴールデン杯は、弱冠20歳の高原敬武(たかはら・のりたけ)に授与された。

関連商品
レーシングオン
No.531 昭和の本気、マイナーツーリング

昭和の本気、マイナーツーリング

F1 RACING
2012年2月号

ジャックが語る父の思い出 GILLES VILLENEUVE

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド