トップ > 実用・ガイド > 時空旅人  > 2024年1月号 Vol.77

時空旅人 
2024年1月号 Vol.77

2023.11.25
不定期刊
特別定価1280円 (特別本体価格1164円)
ISBN:4910052650145

カートに入れる

定期購読する

電子書籍を買う

Amazonで買う

セブンネットで買う

バックナンバー

2024年7月号 Vol.80
時空旅人 

空海と密教 魔を打ち破る言霊の力

2024年5月号 Vol.79
時空旅人 

法然 極楽浄土への祈り

2024年3月号 Vol.78
時空旅人 

平泉 奥州藤原氏と仏国土の夢

2024年1月号 Vol.77
= 税込1,000円以上購入で送料無料 = 三栄オフィシャル通販

時空を旅するように 歴史、文化を紐解く雑誌

歴史、文化を紐解く「時空旅人」は、世の関心が高いテーマを、思いきった切り口で紹介します。丸ごと1冊使ってワンテーマを大特集。わかりやすい解説とビジュアルで表現します。

激動の幕末、絵師・月岡芳年に宿る狂気

無惨絵 最後の浮世絵師

浮世絵とは憂き世を映すものであるという。絵師たちは歌舞伎や遊郭といった享楽の世界、また役者絵や美人絵、武者絵といった憧憬の世界を描き出す。庶民たちの娯楽として大衆に受け入れられ、広重や北斎といった偉大な芸術家も誕生した。しかし幕末、社会に漂う不穏な空気は「無惨絵」として発露した。人々が目撃した生と死の極限を最後の浮世絵師・月岡芳年が鮮やかに切り取る。


激動の幕末、最後の浮世絵師・月岡芳年に宿る狂気の世界へ。

幕末から明治維新へと続く時代のうねりを、最後の浮世絵師といわれた月岡芳年はどのようにとらえ、連作『魁題百撰相』で何を描こうとしたのか。『魁題百撰相』の作品群とともに時代の流れを追った。

CONTENTS

1 表紙
5 時空を超えるArt
6 目次
8 激動の幕末、絵師・月岡芳年に宿る狂気 無惨絵 最後の浮世絵師
10 “血みどろ芳年”の虚像と真実
14 魁題百撰相
58 月岡芳年の生涯
64 誕生の章 憂世を映す、浮世絵師として
66  嘉永三年(一八五〇)芳年、国芳に入門す
68  嘉永六年(一八五三)伝説のデビュー作『文治元年平家一門亡海中落入る図』
71  幕末の出来事
72  慶応四年(一八六八)五月十五 上野 ─彰義隊の足跡を訪ねて─
88 再生の章 神経衰弱を乗り越え、“大蘇”芳年として生きる
90  明治二年(一八六九)東京誕生、江戸と明治の狭間で
94  明治十年(一八七七)西南戦争と百花繚乱の歴史絵
96  明治十八年(一八八五)大蘇芳年の真骨頂、ここに極まる
100  明治二十五年(一八九二)芳年の最期
102 芳年の絵画技巧と美
108 町田市立国際版画美術館
112 江戸川乱歩─妖と美の深淵なる世界─
116 語り継がれなかった徳川近代
120 英雄好みの粋な老舗
122 ブルース・リーに愛を込めて ─香港クンフー映画よ、永遠に─ 告知
123 定期購読キャンペーンのお知らせ
124 厳選グッズ通販 時空旅人SELECT SHOP
131 時空旅人 告知
132 大河ドラマ「どうする家康」最新情報
133 読者プレゼント
134 Culture Topic
136 超映画史批評
138 奥付
140 裏表紙
141 特別付録 芳年と芳幾による血みどろ絵の連作 英名二十八衆句

関連商品

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド